入試の話題ではないが、京都大学への合格者数日本一の記録を更新し続け、関西の中学受験生にはおなじみの洛南高等学校で9月に行われた体育祭の動画が話題になっている。高3男子の800mリレーに、先の世界陸上にも出場して人気を集めた桐生祥秀くんが出場。桐生くんは、100mで10秒01の日本歴代2位の記録を持ち、日本人で初めての9秒台を期待されている、いま「日本で一番早い男」。
一般の生徒に混ざってのリレーなので当然といえば当然なのだが、ぶっちぎりで4人をごぼう抜き。「ジェット桐生」と呼ばれる桁違いのスピードを見せつけた。

それにしても、速すぎる…! いくら全国有数の進学校の一般生徒といっても、バスケットやバレーボールをはじめ、全国レベルで活躍する強豪クラブが多いのが、この洛南高校の特徴でもあるのだが…。