11月3日(月・祝)、首都圏模試センター小6第5回「統一合判」が行われる翌週の11月9日(日)には、神奈川学園中学校を会場に、神奈川の私立中学13校の先生方が集って、私学の授業を小学生が実体験できる「学びの会 コンパス2014」が開催されます。

コンパス2014ビラ0714-1.jpg小学校5年生以下のお子さん(低学年も参加できます)にとっては、私立中高一貫校に入学してからの授業や「学びのスタイル」を、受験前に実体験できる貴重な機会です。

毎 年の参加者の感想によると、こういう機会に、私立中高一貫校の先生方による(小学生向けにアレンジした)体験授業を受けたことで、お子さんご自身が、「中 学生になったら、こんな授業が受けられるんだ!」とか、「私立中高一貫校の授業って、こんなに楽しいんだ!」と思えると、今後の受験勉強の大きな励みにな ることが多いようです。

来春2015年の中学入試を間近に控えた6年生のお子さんにとっても、目標としている私学や近隣エリアの私学の先生方と、体験授業を通して直接触れ合うことで、入試に向けたモチベーションがいっそう高まることも多いといいます。

そ れもそのはず、私立中高一貫校の魅力の中心はやはり授業にあるでしょうし、こうした機会に積極的に参加をする子どもたちの“知的好奇心”はとても高いもの だからです。それだけに、授業を担当する先生方も、そうした子どもたちの知的な欲求や関心を大いに高めるべく、力の入った、それでいて小学生でも楽しく参 加できる多彩な授業を工夫してくれています。コンパス2014ビラ0714-2.jpg

子どもたちが体験授業に参加している間は、保護者も教室内で見学できるケースがほとんどですので、ふだん親が見ている表情とは少し違った、お子さんのいきいきとした姿も見ることができます。

すでに文化祭や体育祭の見学に出かけたことのある受験生と保護者は多いと思いますが、こうした体験授業にも参加してみると、もっともっと私学が身近なものに感じられることと思います。ぜひ多くの小学生の参加をお勧めします。

このイベントのご案内PDFはこちら(→コンパス2014ビラ0714.pdf)です。