小学生の皆さまへのタイプ別「新入試体験講座」へのご案内

11月3日(祝・木)には、小6第5回「統一合判」模試の会場校のひとつでもある和洋九段女子中高キャンパスで午後から、中学入試に増えてきた新たなタイプの入試を知るための体験講座と講演によるイベント「新入試体験! 私立中コラボフェスタ」が開催されます。→※11/3「新入試体験! 私立中コラボフェスタ」14:20から和洋九段女子中高にて開催!

11/3「新入試体験! 私立中コラボフェスタ」14:20から和洋九段女子中高にて開催!

中学入試における「新タイプ入試」の体験講座は小6・小5・小4・小3の子どもたちを対象としたもので、1時間目〈14:30~15:30〉2時間目〈15:45~16:45〉とも、60分間の時間のなかで、正味約45分~50分、各参加校の先生方が行う「新入試体験講座」を受講できます。

20161103_shin-nyuushitaiken_01.jpg実際に各種の「新タイプ入試」を導入している私立中高一貫校の先生方による体験講座を受けてみることで、中学に進学してからの「私学の学び」を肌で感じることができると同時に、従来からの「4科目(国・算・社・理)」や「2科目(国・算)」とは違った、新たな形態の入試を、きっと身近なものと感じることができることと思います。

今回の「新入試体験! 私立中コラボフェスタ」で開講される体験講座は、「適性検査型入試」「総合型入試」「思考力入試」「英語入試」「自己アピール(プレゼン型)入試」の5類型です。

主催の首都圏模試センターでは、この日のイベントに、こんな子どもたちに、気軽に参加していただきたいと考えています。※それぞれの入試タイプのアイコンをクリックすると、各新タイプ入試の説明のページをご覧いただけます。

適性検査型入試】には、こんな小学生に来てほしい!

tekiseikennsagata_01.jpg☆公立中高一貫校を志望している小学生。公立中高一貫校に関心がある小学生。私立中学受験のための勉強(準備)はしていない小学生。

→皆さんが小6の12~2月に受検を考えている、首都圏の各公立中高一貫校の「適性検査」の練習や力試しになります。小5以下のお子さんも、そうした公立中高一貫校の「適性検査」のエッセンスや、そこで求められる力のヒントを得ることができます。

総合型入試】には、こんな小学生に来てほしい!

sougougata_01.jpg☆公立中高一貫校を志望している小学生。「書くこと」が好きな小学生。身の回りや社会で起きている出来事について、いろいろな観点から考察(考える)ことが好きな小学生。

→公立中高一貫校を志望している皆さんには「適性検査型入試」と同じく、各公立中高一貫校の「適性検査」の練習や力試しになります。中学入試の主流である「4科目(国・算・社・理)の枠組み」にとらわれずに、あるテーマ(社会的な問題や出来事、課題など)について、総合的に考察すし、記述・論述形式で表現することにチャレンジしてみたい小学生に最適です。

思考力入試】には、こんな小学生に来てほしい!

shikouryoku_01.jpg☆公立中高一貫校を志望している(関心がある)小学生。私立中学受験のための勉強(準備)はしていない小学生。私立中受験の勉強もしているが、「考える(考察する)」ことや「自分の考えを表現する」ことが好きな小学生。手や身体を動かしたり、友達と一緒に話し合いながら課題に挑むことが好きな(楽しいと感じる)小学生。

→ペーパーテストで思考力を問う問題を中心に出題する入試形式や、グループワークで課題に取り組む入試形式、観察~考察~まとめ(記述表現)などに取り組む入試形式、さらには、課題に沿ってレゴブロックで作品をつくり、その制作過程で考えた自分の意見や考えを記述させる入試形式など、タイプは様々。とてもユニークな新入試形態です。

英語入試】には、こんな小学生に来てほしい!

eigoryoku_01.jpg☆英語が好きな小学生。英語・英会話学習に親しんで(楽しんで)きた小学生。英検などの英語検定にチャレンジしてきた小学生。海外帰国生。中学に入ったら「英語力を身に着けたい」と考えている小学生。

→中学入試に増えてきた「英語入試」の出題レベルや入試形態は様々に多様化しています。なかには英語の筆記試験は課さずに、英会話や面接での会話だけで英語の力を測り、評価してくれる私立中や、英検などの英語民間検定の資格(級やスコア)を評価してくれる(なかには特待生資格の得られる)私立中があります。

自己アピール(プレゼン型)入試】には、こんな小学生に来てほしい!

jikoapiru_01.jpg☆習い事や芸術・スポーツなどに打ち込んできた小学生。自分の好きな、興味あることについての考察や探求に取り組んできた小学生。自分の夢に向けて、今後も励んで(努力して)いきたいと思っている小学生。自己表現や発表、プレゼンテーションを「評価してほしい」と願っている小学生。私立中学受験のための勉強(準備)はしていない小学生。

→今春2016年入試では初めて、「2科目(国・算)」の筆記試験も課さずに、小学校時代に取り組んできた活動・学習歴についての記録と、作文、面接(プレゼンテーション)を中心に、小学生のポテンシャル(潜在能力)や意欲、集中力、継続力などを評価して、受け入れてくれるタイプの入試です。

保護者向けの「講演の部〈14:20~16:45〉」は「入試タイプ別」のパネルディスカッション

こうした「新入試体験講座」のほか、保護者向けの「講演の部〈14:20~16:45〉」では、今回のイベントに参加する16校の私立中高一貫校の先生方による「入試タイプ別」のパネルディスカッション形式で、各入試のコンセプトや具体的な入試形式・内容についてお話していただきます。

この「講演の部」は、小学生の保護者向けの内容ですが、学校・教育・受験・マスコミ関係者など、関心のある方はどなたでもご参加いただけます。ご参加にあたっては、こちらの「申し込み受け付け」ページから、ご予約をお願いいたします。

なお、「体験講座」「講演の部」とも、定員に空きがある場合には、当日のご来場でもご参加は可能です。上記のような小学生と保護者の皆さまには、ぜひお気軽に足を運んでいただければと思います。多くの皆さまのご参加をお待ちしています!

20161103_shin-nyuushitaiken_02.jpgなお、講堂での保護者向け「講演の部」は、14:20~16:50の時間帯で行われますが、冒頭の基調講演のほか、各「入試タイプ別」のパネルディスカッションは、ご希望の時間帯だけご参加いただくこともご自由です。

ご案内PDFファイルはこちらです〈→20161103_shin-nyuushitaiken.pdf〉。

なお、このイベントにご参加希望の小6受験生は、同じ会場の和洋九段女子中会場にて、この日午前中の「統一合判」模試を受験していただくと便利です。昼食も(ご持参の場合)同校の講堂で召し上がっていただくことができます。

【適性検査型入試】
公立中高一貫校受検に役立つ適性検査型入試とは?

【総合型入試】
2020年以降の大学入試につながる「総合型・論述(記述)型入試」とは?

【思考力入試】
小学生の豊かな才能や”考える力”を引き出してくれる「思考力入試」とは?

【自己アピール(プレゼンテーション型)入試】