20140522_JWSIC_gamen_01初夏の陽気で迎えた昨日5月18日(日)に、東京国際フォーラムで開催された「東京私立中学合同相談会~Discover私立一貫教育~」にお出かけになったご家族も多かったのではないかと思います。

東京都私立中学高等学校協会が主催したこの18日のイベントの参加者は、公式発表で3万200名(昨年度比180%)という盛況になったと聞いています。

今春2014年入試を終えてから、3月~5月の間にいくつもの「私学合同相談会・説明会・フェア」が開催されていますが、とくに4月以降に行われた これら のイベントの参加者数は、いずれも昨年より増加している模様です。私立中高一貫校と中学入試に関心を持って、こうしたイベントに参加してくれる小学生のご 家庭が増えているというのは、大変喜ばしいことです。

長引く経済の先行き不透明感や、まだ癒えぬ震災の影響のもと、中学受験に挑む小学生の数(=中学受験生数)は、年々少しずつ減少に向かっていましたが、ここにきて、もう一度、中学受験と私立中高一貫校に関心を持ってくれる小学生のご家庭が増えてきたのではないかと思われます。

当・日本Web学校情報センターのサイトでは、いまちょうど、5月25日(日)にサレジオ学院で開催される「神奈川私立男子中学校フェア2014」と、6月8日(日)に芝中学校で開催される「東京私立男子中学校フェスタ 2014」、そして同じ6月8日(日)に上智大学四谷キャンパスで開催される「カトリック学校フェア2014」という3つのイベントを、一緒にご紹介しています。

いずれも筆者の大好きなイベント(私学合同相談会・説明会)です。これらのイベントに足を運んでいただいたことが、きっとこの先、お子さんが受験勉強やご家族で受験準備をしていくうえでの大きな励みになることと思います。

5月末~6月初旬の、これらの貴重な機会に「親子で私学に触れてみる」ことを、心からお勧めします。

(日本Web学校情報センター所長/北 一成)